教育ローン

 

子供の教育費用

子供の教育にかかる費用は年々増加傾向にあります。一説によれば、子供が高校入学から大学卒業までにかかる教育費の平均は、一人あたり1,000万円を超えるとも言われてします。

 

こうした金額を捻出するのは、たとえゆとりがある経済環境の家庭でも並々ならぬ努力が必要ですが、昨今の経済不況や長引く景気低迷により、生活費すら切り崩さなくてはならない家庭が増えているのが現状です。

 

教育ローンでお金を借りる|入学金・授業料などを賢く借りる方法

事実、年収600万円未満の家庭が約半数と言われている中、教育費に1,000万円を捻出するのは、相当な努力が必要とされます。

 

つまり、所得が得られにくい世の中になればなるほど、子供の教育費といったものにどんどんシワ寄せが発生し、進学を諦めなくてはならない環境に追い込まれてしまうのです。

 

しかし、年収が低くなることを余儀なくされていても、教育ローンを賢く活用することによって生活水準の下げ幅を最小限に抑え、なおかつ進学の機会を得ることは十分可能なのです。

 

そしてその機会を可能にするためには、十分な情報を得て、各家庭環境に応じた戦略が必要となってくるわけです。

 

例えば、教育ローンを提供している金融機関はたくさんあります。その一方で、安直な判断や審査が通りやすいだろうという勝手な決めつけで金融機関を選んでしまい、他のローンやその後の生活の負担を上げてしまっては元も子もありません。

 

また、教育ローンを受けた後にも思わぬ出費が必要になってくる時代なのです。その都度融資を申し込むというのもあまりにも無計画になってしまいライフバランスも崩れてしまいます。
こうした状態を避けるために、不景気だからこそ賢明な選択が必要な時代なのです。

 

未来のお子さんへの投資として、またはお子さんの成長する姿を後押しするために、必要な知識やノウハウを吸収し、それぞれの条件に合った教育ローンを使いこなしましょう。

 

この情報ページは、教育ローンを賢く、そしてどんな選択肢が自分に合っているかを思案するために、教育ローンの良い情報も悪い情報も掲載しています。

 

教育ローンを総体的に俯瞰し、様々な観点から吟味してみて下さい。

 

住信SBIネット銀行 教育ローン

住信

 

教育ローンなら、住信SBIネット銀行の教育ローンの利用がオススメです。ネット銀行だけあり、インターネット上で手続きができ、来店不要なので大変便利です。
入学費用や授業料などはもちろん、教科書代や制服代などにも利用する事が出来ます。
最高1000万円までの借入れが可能となっており、金利も低金利設定となっているので、他金融機関で借入れ中の教育ローンの借換えにもお勧めです。

 

≫住信SBIネット銀行 教育ローン公式サイトへ

 

 

フリーローン・カードローンがお勧め

 

銀行・信用金庫などの教育ローンを利用するのも一つの手ですが、教育ローンの代わりとして、フリーローン・カードローンの利用も便利でお勧めです。

 

フリーローンやカードローン利用の最大のメリットは、使用目的が自由といったところですね。

 

当然の事ながら教育ローンの場合だと、受験費用や入学金、授業料などの決まった費用にしか使う事が出来ません。しかし、他にも何かとお金が必要になってくる事があると思います。

 

そういった時のことを踏まえて、使用目的が自由なフリーローンで借りていた方が利用しやすくなると思いますよ。

 

カードを作っておけば、必要な時に簡単に借りることも出来ますしね。
下記にお勧めのフリーローン・カードローンを紹介しておきます。参考にして下さい。

 

みずほ銀行

みずほ

 

まず、みずほ銀行のカードローンがお勧めです。国内最大手の銀行なので安心して利用出来ますね。
銀行カードローンなので、専業主婦の方の利用も可能となっています。
最短で即日利用が可能となっているので、急ぎの際でも安心です。ネット申し込みをすることによって、来店不要・郵送類も不要になるのでスムーズに利用する事が可能になります。

 

≫みずほ銀行公式サイトへ

 

アコム

アコム

 

 

アコムも急いでいる方にお勧めのカードローンとなっています。非常に早い対応スピードで、申込み当日に借入する事も可能となっています。
平日14時までに申込み・審査が完了したら、当日中に銀行口座にお金を振り込んでくれます。
土日祝日や銀行の営業時間外でも、ネット申込み後に無人契約機に行けばカードを作れ、その日のうちに借りる事が出来ますよ。

 

≫アコム公式サイトへ